アコムマスターカードのキャッシングなしで審査をする方法はこちら

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

アコムマスターカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

ネットで買い物をするときに便利なアコムマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカードの発行元からすると貸したお金が返ってこないということが1番避けたいことです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

水道やガスが止まる経験を何回かやったことがある人は審査に落ちる可能性が高いです。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など様々な場面で便利になるアコムマスターカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ持っていないこともあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

代表的なのはイオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用する機会の増えたアコムマスターカードですが、審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

金融機関に登録した銀行印が必要になります。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を入力するケースもあります。

その場合、古いアコムマスターカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでアコムマスターカードはとても便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

参考:アコムマスターカードをキャッシングなしにする方法は?【買い物専用】

審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日に口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

クレジットカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので一概に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

もし、問題なくローンの返済ができているのに審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

アコムマスターカードについて周りの人に聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものは原則としてなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。