火災保険の必要性は?

賃貸物件でも分譲の物件でも、住宅に住む以上は必ず加入しておきたいのが火災保険です。
もっともほとんどのケースでは賃貸契約や、物件の売買契約の際に火災保険への加入が必須となっていますので、それほど自身が気を遣っていなくとも必然的に備わっているものなのですが、なぜ火災保険が必要なのか少し考えれば判ることです。
特に住宅ローンを利用して、新築を購入した場合に、万一その自宅が火災で全焼してしまったらどうなるでしょう。
もちろんまだローンは残っていますので、支払いは続けなければなりませんし、新しい住居の用意もしなければなりません。
あっという間に破産してしまうことにもなり兼ねないのです。
いざという時の備えですので、絶対に火災保険は用意しておきましょう。